TOP > ジョセフマーフィーの法則 > 「幸せ」の法則

twitter facebook
w_top
ジョセフ・マーフィーの法則

「幸せ」の法則限りない幸せと成功を手に入れる!top

  • 「幸せ」の法則

    2013年10月16日

    大きな目標も、小さな目標に分割すれば見えてくる

    忍耐の限界まで鍛え、限界を少しずつ上げていく

    イリノイ大学の体力適性研究所のトーマス・カーク・キュアトン博士は、肉体のエネルギーに関し、革命的な考えを導入した人物として知られています。

    たとえば1マイル競技の練習で、四分の一マイルをを走る場合、従来のやり方は、常に全体の距離を想定して走る方法でした。

    それに対し、博士は最初から四分の一マイルのつもりで走った方が速く走れると考えたのです。

    つまり、四分の一マイルずつそれぞれ個別のものと考え、ダッシュして走る。
    それからトラックを軽く一周して息を抜く。
    次にまた四分の一マイルをダッシュして走る。
    そして、そのたびに四分の一マイルを走るスピードを速めていったのです。

    博士の方法は、2つの基本理念から成り立っています。

    1:大きな目標を小さな目標に分割する
    2:忍耐の限界まで鍛え、練習のたびにその限界を上げていく

    この考え方は、一般の世界にも応用ができるテクニックだといえるでしょう。


    マーフィー博士の言葉
    「欲求と想像力が争う場合、いつも勝つのは想像力の方です」

w_bottom
  • はじめに

  • お知らせ

  • 「潜在力」の法則

  • 「可能性」の法則

  • 「お金」の法則

  • 「幸せ」の法則

  • 特別編「出会い」の法則

マーフィー博士の提供する「幸せとお 金の法則」。あなたが幸せになる方法 を毎日一つずつお手元にお届けします。
(毎朝携帯電話に届くモバイル版もご用意し ております)

メールアドレス

姓名(漢字)

性別 男性 女性

都道府県

banner
ページのTOPへ