TOP > ジョセフマーフィーの法則 > 「可能性」の法則

twitter facebook
w_top
ジョセフ・マーフィーの法則

「可能性」の法則自分の能力と可能性を掘り起こそう!top

  • 「可能性」の法則

    2016年02月15日

    常にプラスアルファのサービスを心掛けよう

    サービスをし過ぎても失うものは何もない。得るだけだ。

    アンドリュー・カーネギーといえば、音楽の殿堂「カーネギーホール」を建てた人として有名です。
    日雇い労働者から身を起こし、全米一の鉄鋼王にのしあがったカーネギーは、従業員の昇進テストを行うとき一つの基準を設けました。
    それはその人物が、報酬以上の奉仕をしたかどうかということです。

    カーネギーは、こう説明しています。

    「給料は彼が実際にした仕事に対して支払うものだ。
    そしてボーナスはプラスアルファの積極性に対して支払うものだ。
    プラスアルファは同僚に対して素晴らしいお手本になるものだ。」

    この審査をクリアし、日雇い労働者からユナイテッド・スチール社の社長に任命されたのがチャールズ・M・シュワップでした。

    サービスをし過ぎても失うものは何もありません。

    奉仕した相手から、サービスに相当する代償を受け取れないこともあるでしょう。
    そんなときは、天に貸しをつくったぐらいに考えるのです。
    その代償は、きっと複利でふくれ上がって帰ってくるでしょう。

     

    kanousei_08

     

    マーフィー博士の言葉
    奇跡とは不可能なことを可能にすることではなく、可能であることを確認する作業です。

w_bottom
  • はじめに

  • お知らせ

  • 「潜在力」の法則

  • 「可能性」の法則

  • 「お金」の法則

  • 「幸せ」の法則

  • 特別編「出会い」の法則

マーフィー博士の提供する「幸せとお 金の法則」。あなたが幸せになる方法 を毎日一つずつお手元にお届けします。
(毎朝携帯電話に届くモバイル版もご用意し ております)

メールアドレス

姓名(漢字)

性別 男性 女性

都道府県

banner
ページのTOPへ