twitter facebook
w_top
井上 裕之「ジョセフ・マーフィーの教え」

J・マーフィの教えtop

  • J・マーフィの教え

    2013年07月01日

    潜在意識は善悪、正否を判断しない

    マーフィーの著作の1つに、次のようなケースが紹介されています。

    あるビジネスマンの身に起こったことです。
    彼の愛する娘さんは原因不明の皮膚病になり、やがて心まで病むようになってしまいました。

    医師はこれといった治療法はないと告げるだけでした。

    以前、マーフィーの講演を聞いたことがあったこのビジネスマンは毎朝毎夕、いえ、仕事中であっても、ほんのわずかな時間を見て、自分のうちに潜む潜在意識に、次のような願いを繰り返し、届けました。

    「私の腕の一本や二本、なくなってもかまいません。
     なんとしても、娘の皮膚病が完治して欲しい」

    親であれば、誰でもその気持ちはわかります。
    自分の命に代えてでも、子どもの病気を治したい。
    そう思うのはごく自然でしょう。

    数ヵ月後、娘さんの皮膚病は医者も驚くほどの回復を見せ、同時に元どおりの明るく元気な心も取り戻していきました。

    「もう大丈夫ですよ。再発の心配もありません。」
    医者からそう太鼓判をおされ、ビジネスマンと奥さん、娘さんは天にも昇る気持ちで病院を後にしました。

    その帰途のことです。

    一家は交通事故に遭い、
    奥さんと娘さんは無事でしたが、ビジネスマンは片手がぐしゃぐしゃに潰れてしまい、結局、切り落とすことになってしまったのです。

    「自分の腕の一本や二本、なくなってもいいから、娘の病が治ってほしい」
    という彼の思いは、そっくりそのまま叶えられたのです。

    マーフィーの語る話はすべて実際に起こったことですが、
    この話を聞いて、腑に落ちない人は少なくないはずです。

    「なんとしても娘の病が治ってほしい」という願望には歪みも濁りもありません。
    それなのに、娘さんの全快と引き換えに、父親の片腕を奪うなんておかしいじゃないか、と。

    潜在意識ではなく、神に祈れば、そんなこと起こらないはすだ。
    そう、思う方もいるかもしれません。

    神や宗教については別で述べたいと思いますが、
    私は神や宗教の実態は潜在意識を信じる思いが変質していったものだと考えています。

    ここでは、潜在意識は宇宙エネルギーであることと関連付けて、
    このケースを読み解いてみましょう。

    マーフィーは繰り返し、述べています。

    「潜在意識は思ったこと、願ったことをそのまま実現します」

    間違った思い、歪んだ思いであっても、
    潜在意識はそれをそのまま現出してしまうのです。
    潜在意識には善悪、正否、誤っていないかどうかという判断力は備わっていないからです。
    これこそが、潜在意識はエネルギーであるという証でしょう。

    電気を思い浮かべてください。
    電気には善悪、正否を判断する力はありません。
    スイッチが入れば、エネルギーを放出するだけです。
    ですから、電気はあるときは街中を明るく照らし、あるときは工場の製造機械を稼動するというように働くこともあれば、善良な人を感電死させてしまうことも起こるのです。

    水のエネルギーも同様です。
    あるときは発電機を回し、電力を生み出すこともあれば、大津波となって罪もない人々の命を平然と飲み込んでいくこともある。これは、水がただエネルギーだからです。

    この話も同じことです。
    潜在意識はエネルギーなので、与えられた指令どおりに動くのです。
    「娘さんの皮膚病を治す。それがかなえば父親の片腕がなくなる・・・」。
    このケースは潜在意識が指令どおり働いたことを示しています。

    さらにこの事例は、だからこそ、潜在意識を使いこなすためには、正しく使うことが大事であることを教えています。
    繰り返します。

    潜在意識は、偉大なる宇宙エネルギーです。

    エネルギーだからこそ、使い方次第で幸福になる人もいれば、正反対の結果を招いてしまう人もいるのです。

w_bottom
  • はじめに

  • 井上裕之氏

  • お知らせ

  • J・マーフィーの言葉

  • J・マーフィーの教え

マーフィー博士の提供する「幸せとお 金の法則」。あなたが幸せになる方法 を毎日一つずつお手元にお届けします。
(毎朝携帯電話に届くモバイル版もご用意し ております)

メールアドレス

姓名(漢字)

性別 男性 女性

都道府県

banner
ページのTOPへ